大阪府豊中市の食品物流会社様からの施工記事も6記事目となりました!今回のご依頼は天井埋込形エアコン新設・天井吊形エアコン2台入替・プレハブ冷凍庫3.5坪、冷媒管はなんと25m!僕たちはガンガンに冷やします!【大阪府(大阪市以外)を対応エリアに施工を承っております。フロンガス回収をお探しの方は(有)トライサービスへ】

 

いつもご贔屓させていただいています、大阪府豊中市の食品物流会社様の施工記事も6記事目となりました(^o^)/アリガトウゴザイマス~。空調工事から始まって、コンデンサー洗浄(ちょっと黒いから気になる方は鼻つまんで💦)、1800mm×2基スーパー冷蔵ショーケースの入替に、別室の空調機3基入替、そして去年の年の暮れにプレハブ冷凍庫の入替+3坪プレハブを新設してきましたが、今回はプレハブ冷凍庫入替+空調機新設(仕分室)+空調機2台入替(事務所)=そして、施工写真が120枚近くありました(笑💦さすがに全部記事にするのは大変💦見る方も大変💦しぼっても結構な枚数なのでスルーしないでネ٩(ˊᗜˋ*)وさて、施工月は5月!工事期間は――これだけの工事です。打ち合わせを重ね、機器の発注から部材の準備、先様のご都合もふまえた上で施工お日にちや時間帯、足場の設置からいろいろと、1ヶ月の半月ぐらいは足を運ばさせていただきました。まずは2Fの仕分け室に天井埋込形エアコンを取付ていきます。

正確な寸法確認が後の仕上がりを左右するので、事前に開口部のサイズをしっかりと確認し、天井にエアコンを埋め込むために必要な大きさの穴をあけていきます。冷媒管もあらかじめ天井内に仕込んでおき、アッパーで収めていきます。何でもそうですけど、ピタッと収まる瞬間って楽しいですよネ٩(ˊᗜˋ*)و笑

天井裏では、冷媒管はしっかりと支持取りを行います。そしてフロアの室内機から伸びる配管を壁に儲けられた配管穴を通して、屋外に設置した室外機に繋げていきます٩(ˊᗜˋ*)و

言う間でもないですが💦電気を通さないと話になりませんので、専用ブレーカーを増設します٩(ˊᗜˋ*)و

室内機と室外機の配管接続と、電気配線の接続も終わったら、気密状態を確認するために窒素による耐圧試験を行い、最後に冷媒配管の中の空気を専用のポンプで吸い出します。そして試運転で動作確認をおこなって、仕分け室のエアコン取り付け・設置の終了になります٩(ˊᗜˋ*)وまだまだ続きます!

次は2Fの事務所にある天井吊形エアコン。これら2台を入れ替えていきます٩(ˊᗜˋ*)و

流れはほぼ一緒なので( ̄▽ ̄;)笑💦[室内機と室外機の撤去➪室外機はクレーンで搬出入➪室内機と室外機の設置➪冷媒管➪電気工事➪冷媒管圧力テストと真空引き作業➪試運転]事務所のエアコン取り付け・設置の終了です٩(ˊᗜˋ*)و

仕分け室と事務所の設置後の屋上~バランスがとれていていい感じですね٩(ˊᗜˋ*)و

そして、お待たせいたしました!1Fの作業場、プレハブ冷凍庫の入替です٩(ˊᗜˋ*)و

プレハブの天井に設置してあった室外機です。フロンを回収してから撤去、解体していきます٩(ˊᗜˋ*)و

続いて٩(ˊᗜˋ*)و据付台を置いてレベルを出したら、床、コーナー、サイド、扉、天井と順次にパネルを組み立てていき

冷凍機器の準備をしていきます٩(ˊᗜˋ*)وユニットの吊込、冷媒管、排水管、制御盤などの電気配線を施工して、冷媒配管の耐圧試験、真空引きを行って、冷媒充填後試運転をして作業終了となりますが

見ての通り、勾配を取るのに吊りバンドを取り付けていき、冷媒管を這わして、断熱材を巻いて、電源類をプレートで装着していく。ちなみに冷媒管は25m!なので溶接で冷媒管を繋いでいきました٩(ˊᗜˋ*)وなぜかこの日に限って季節外れの晴天で💦狭い場所で思うように身動きが取れず大変でしたが

その大変さの先には、お客様の笑顔が待っています。新鮮で美味しい品物をお客様に提供するには、冷凍冷蔵機器は毎日寄り添うものです。そこにある、冷やす、のが僕たちのお仕事です!こうして、全ての施工作業が終わりました!プレバフ冷凍庫3.5坪です٩(ˊᗜˋ*)و

大阪府豊中市の食品物流会社様、常々ひとかたならぬごひいきに預かり、深く感謝申し上げます。平素より弊社をご利用いただき、プレハブ冷凍庫・空調機、共にパナソニック製品をお買い上げ頂きまして誠にありがとうございました。