豊中市の食品流通会社様からお問い合わせで、パッケージエアコンの工事、期間は3日間。天井吊形×2台と4方向埋込形×2台、計4台の空調機入替・取付に行って来ました。

 

ヤル気をなくさすというか、気が重たくなるというか、眠たくなるいうか、ジトジトした梅雨時期がやってきました。さて今回は豊中市の食品流通会社様からお問い合わせがありまして空調機工事に行って来ました。工事期間は3日間。

1F:作業場 天井吊形×2

2F:社長室 天井埋込形カセット(4方向)×1

3F:会議室 天井埋込形カセット(4方向)×1


まず1F 撤去する前の室内機と室外機。

法律で定められている冷媒ガスの回収を行います。

新しく取り付ける場所は↓コチラ。養生で床を保護したあと新規で取り付けるのでルートを確保しなければなりません。なので配管を通すための穴をあけていき防湿層を施工していき配管を接続していきます。

室外機の設置場所は建物と建物の間↓ココに設置します。狭小場所なため重機で建物の上から吊り下げて設置していきます。

窒素を使用して配管が耐えられるか、漏れていないかのチェックをします。そして配管内部の空気を抜いて冷媒ガスに空気が混ざらないよう真空にします。冷媒を封入した後、漏れ・機器動作確認後全てにおいて確認して完了です。

2F [社長室] 室内機 Bofore(上)→After(下)

2F [社長室] 室外機 Bofore(上)→After(下)

3F [会議室] 室内機 Bofore(上)→After(下)

長方形タイプから4方向正方形タイプにワイドパネルを取付て設置。

3F [会議室] 室外機 Bofore(上)→After(下)

この度は豊中市の食品流通会社様、お世話になりました。

パナソニック製品をお買い上げい頂きまして誠にありがとうございました。